新生銀行の特徴 イオン銀行とイーバンク銀行

2007年09月11日

新生銀行の特徴

新生銀行のインターネットバンキングの最大の特徴は、振込手数料が月5回まで無料になるということです。

インターネットバンキングで最も使われる機能が振込ではないでしょうか。
その為、どこの銀行もインターネットバンキングによる振込は基本的に実店舗よりも安く設定しています。
しかし、なかなか他行あてに対しても無料となることはありません。
たとえ月5回と限られた回数であれ、無料となるのは強みです。
振り込み金額についても関係ありませんので、多額の振込みの際にはかなりお得になるのではないでしょうか。
ただし、5回を超えた分については、他行への振込みのみ1回につき300円の振込手数料が発生し、他の銀行より高めの手数料となりますので、注意が必要です。

また、ATMによる引き出しも、新生銀行ATM、セブン銀行にて終日無料で引き出すことができ、郵便局や提携先の金融機関のATMを利用しても手数料がキャッシュバックされるので、実質無料となります。

実店舗のある銀行であるにもかかわらず、ネットバンクと同等の手数料サービスを新生銀行では行っています。

また、金融商品を多く取り扱っているのも新生銀行の特徴です。
円預金に加え8通貨に及ぶ外貨預金は定期積立にも対応しています。
他にも、投資信託取引や証券仲介による自行サイトからの株式取引、変額個人年金保険など他行にない多彩な商品が扱われています。

また、新生銀行は住宅ローンにおいても、保証料や繰り上げ手数料が無料、金利が長期でも固定と言った、他の銀行に比べ、お得なサービスが提供されています。


ラベル:新生銀行
posted by イオン銀行を考える at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生銀行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。