セブン銀行 イオン銀行とイーバンク銀行

2007年09月11日

イオン銀行とセブン銀行

イオン銀行とよく似た形でサービスを提供をしているのがセブン銀行です。

セブン銀行(株式会社セブン銀行)は、大手流通企業グループ「セブンアンドアイホールディングス」(セブン&アイHLDGS.)傘下の銀行で、コンビニATM事業最大手となっています。

イオン銀行は、イオン系のショッピングセンターを中心とする店舗展開、セブン銀行は、セブンイレブンやイトーヨーカドーへのATM設置で展開しています。

また、今後大きく違ってくると思われる点は、イオン銀行は、ショッピングセンター内に店舗を作り、利用客と対面でフルサービスを提供するよていであること。セブン銀行が2007年8月29日現在、有人店舗5店に対し、イオンは支店を設けて3から4人の人員を配置する予定です。

お年寄りなどには、非常に優しいサービスが提供できそうですね。


また、もう一点違うところは、みずほフィナンシャルグループなど3メガバンクが5%ずつ出資する予定でいると言う点。他の新規参入銀行には、このようなメガバンクからの出資は行われていませんでした。
posted by イオン銀行を考える at 08:31| Comment(0) | TrackBack(1) | セブン銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。